アルジャーノンの庭yahoo!ブログ

これは私がyahoo!ブログで残した足跡

ギボウシタマノカンザシ

 


Alanis Morissette - You Learn (OFFICIAL VIDEO)

 

おはようございます。

今年のうちに書いておこう記事その2

 

夏の終わりにタマノカンザシというギボウシを買いました。

f:id:algernonab:20171229065605j:plain

 

 

葉っぱは地味な緑色のスプーン型。

f:id:algernonab:20171229065727j:plain

 

花はギボウシのレベルを超える大きさ。

百合のようです。

 

f:id:algernonab:20171229065806j:plain

 

タマノカンザシなどと言うと、日本のギボウシの様ですが、原産は中国なのだそうです。

昼に買って車の中に入れておいて夕方講習が終わって車に乗るとすごく強い香りに包まれていて驚きました。

外だとさほどに感じないのに。

なかなかいい植物でした。庭植えできてないけれど。

 

 

 

ビジネスでひと旗あげようと夢見る女性は応援したくなるものです。

これはスケベ心ではなく、私が男性であり日本の社会において男性はただ男性であるだけで知らないうちに大きな恩恵を受けているからです。

 

結婚や出産が普通に行われれば30歳手前という仕事に慣れた段階で女性は一旦仕事から離れる必要があるため、企業側が主戦力として受け入れづらい事や、夢を追いかけたくても諦めざるを得ないような社会性がどうしても在るものです。

 

つまりそれが無い男はそれが無いだけ有利なのです。

もっと言い換えればたまたまそう言うのが無いから、役割的に外に出て働くしか無いのです。

男性諸君、俺が稼いでやってるんだとか思って専業主婦をバカにしていたら、「お前が働くしか能がないから働かせてやってんだ」と思われてしまいますよー。

 

なのでアゲインストで頑張る女性は応援したいのです。

 

 

しかしながら。

女性の独立開業者やビジネスマンに多い点として、最初から理想を振りかざしすぎる所があるなと私は思います。

もちろん女性の能力が劣っているからとかではありません。

私の同期の男どもは本当に使えない社会人ばかりになりましたが女子は結構良いビジネスマンになりました。同い年なら男より女の方がしゃんとしている。

 

これは心と頭の構造の違いかなと思います。

全員ではないですが、形から入ろうとする方が多いように思います。

それはつまり夢を外から見た姿、理想形を目指していく。

趣味の世界であればそこは何一つ曲げてはいけません。誰がなんと言おうと思う様自分の理想を追求しましょう。

 

しかしビジネスは。

まず最初にその業界で自分の位置を勝ち取る必要があるのです。

難しく書きました。わかりやすく言うと「食っていけるようになる」必要があるのです。

どの商売でも食っていける分稼ぐ事、店を運営できる事、社員を食わせられる事、数年後の改装または、新たなビジネス展開の資金を貯めること。

そう言う基盤ありきでの理想なのです。

 

もちろんこれがわからない愚か者と言いたいのではなくて、優先順位がこれより理想に置いている、またはこれが一番だけど、かなり近い二番に理想を置いている。

と私は思います。

 

食っていけるようになるためにははっきり言って理想とは程遠いような、くだらないアホみたいに見えることをクソ真面目にこなさなければいけない事があります。

もうそれが大部分を占めてこんなのやりたかった事じゃないと思う事が多々あるでしょう。

でも私は成功したビジネスマンのインタビューなんてほぼほぼそう言うことをし続けて成功したらヒョコッと夢を持ち出して美談にしてると思います。

あんまりこだわらずにトイレ掃除くらいで臨むのがいいです。絶対に必要だけれど誰からも気づかれない汚れ仕事。これがビジネスです。

 

書いてて思ったけど、これって新卒の男にも言えることよね。

なんて偉そうな事は言えないけどね。私も。

 

今年中に言わないととなぜか思った事でした。もう新しいアルジャーノンの庭ではふれることはない。

冬が終わるまであと61日。なげー(笑)