アルジャーノンの庭yahoo!ブログ

これは私がyahoo!ブログで残した足跡

青庭のアンカー シコンノボタン

青庭が最高潮を迎えています。

イメージ 2



庭にカラーコンセプトを設けています。
手前から青い花の庭、真ん中が黄色っぽいピンクつまりアプリコット、杏色の庭、奥がバーガンディーと紅色の庭という感じです。
杏はバラのペルルドールが中心で斑入りのクリーム色のランタナなど、全体的に四季咲きの印象。
紅は春咲き球根やジギタリスが多く春によく咲く印象。

そして、青は夏場に多く咲く花をたくさん植えています。

イメージ 3



ルリマツリ
薄色ですが、爽やかで青庭の象徴的存在。
よく咲くので青庭を作る上で欠かせないお花となりました。

イメージ 4



サルビアラニチカ、通称メドーセージ
今年は暑い夏にしっかり咲いてくれました。分枝させるため剪定も重要でした。
濃紫色の舌状花に黒いガク。クール担当の青花です。花がよく落ちるので下草に落ちたものはこまめに取る必要があります。


イメージ 5



この間マッスプランティング(群植)したオキシペタルムブルースター
花持ちがすごく良くガラニチカの下で個性的な花を咲かせ続けています。花付きはイマイチなのでマッスしています。
サムシングブルーという結婚式でよく使われるおめでたい花なのだとか。ガガイモ科で茎を切ると汁が出てかぶれる人はかぶれるそうです。私は平気でした。

イメージ 6


クレマチスロウグチ。
インテグリフォリア系のクレマチス
新枝咲きという新しく生えた枝に花をつけるそうで、冬剪定はバッサリコンと切ってしまってオーケーだそうです。今年の初春に買ってきた時は葉一枚ありませんでしたがみるみる生えて綺麗に咲きました。これもどんどん咲いてくれてしかも他の青花と違う形でいいアクセントになってくれました。鉢植えにしてオベリスク仕立てを庭に
置いていますが、地植えにしてもいいかも。クレマチスは弱いとか難しいという印象を覆す強健なお花です。和、洋、ペレニアルあらゆる庭にマッチしそうでオススメですね。


イメージ 7



ムクゲ紫玉。八重咲ムクゲです。
夏に多く咲くムクゲという印象ではなく、ちょこちょこ豪華な花を咲かせるという感じ。咲くのに力がいる様で定期的な液肥が欠かせません。ドラゴンボールかめはめ波のごとく貯めて貯めて咲く花はとても貴重な感じがします。丈夫だけれどアブラムシによく付かれてまるでバラの様なムクゲでした。まだ2年目で成長が遅めなのでこれからに期待しています。

イメージ 8



デュランタタカラヅカ。この間から咲き始めたクマツヅラ科の低木。ランタナバーベナなどに代表されるクマツヅラ科らしく小花がたくさんまとまって咲くので豪華な印象。紫に白覆輪、ライム葉とのコントラストも魅力。うちでは高さを出したかったので株元を縛って上で咲かせています。


イメージ 1



青庭に仕掛けた最後の花が咲き始めました。最後というのは2017年初めて咲く花で最後という意味です。
秋咲のシコンノボタンです。なんとも植えない紫と青の中間。アイフォンでもうまく色が出ません。
去年の今頃ホームセンターで200円になってたこの子を引き取り庭植えしました。

イメージ 9


葉っぱも観葉植物っぽくて個性的。
花が大きめで花らしく咲く我が庭では貴重な存在。

バラのブルー・フォー・ユーも青庭に植えたくてシコンノボタンを外すか迷いましたがこれはこれで咲くと欠かせない感じがします。悩ましい。

というわけで夏に頑張る青庭の紹介でした。

イメージ 10




青い花といえば、私が植物を育てる時に参考にするありがたい三賢人サイトの1つ『新・花と緑の詳しい図鑑』さん
http://garden-vision.net/flower/flower-bunki_moto.html
の「ら」にところにルリマツリモドキが追加されていました!
こういうサイトって完成されたものだと思っていましたが今尚増え続けているのですね。とても感動しました。
これからも利用させていただきます。