アルジャーノンの庭yahoo!ブログ

これは私がyahoo!ブログで残した足跡

石の王

 

ここはてなブログ

路傍の石に過ぎなかった私は荊姫に名前をつけてもらってブログを始めました。

お庭を見せるためくらいのつもりだったけれど、元々ブロガーの私は気づいたら毎日記事を書いていました。

 

やがて実家のようなYahoo!ブログに帰って書き続けました。

庭ブログを書き続ける中、私は沢山の庭の主に出会いました。私は彼ら彼女らに敬意を表して「主」の上の点を取って「庭の王」と心の中で呼びました。

茶色いバラが素敵だった琥珀の王、シルバーリーフと白い花中心の庭を作る白銀の王、土のないベランダに庭を作った天空の王、庭で学ぶ学びの王、信じられない雪の降る街で美しいバラを咲かせる雪の王...。

 

様々な王たちを見るたびに私は自分がみすぼらしく感じるようになりました。

アルジャーノンの庭とか言ってるけれどこれは花壇じゃんか。

 

私は誰に何を言われたわけでもなかったけれど、石のように堅い、硬い意志を持って「自分の庭」を作ることにしました。

庭を広げる。鋤を振るって土を掘る、埋まっている石と火花を散らして戦う。

私のとって魔法の石のようなタフステンストーンを手に入れそれを使い新しい庭を作っていく。

 

その時私は悟りました。

 

「ああ、私だって『庭の王』だ。」

 

王たちはみんな自分の庭も人の庭も蔑まない。

私も今は自分の庭に全ての気持ちが向いて他所がどうだから自分がどうとか思わない。他所は素敵だ。自分も素敵である。良いところは教えてもらえばいい。

これから始めるブロック塀塗りも教わってやっていく。そこに何ら引け目を感じる事はない。

f:id:algernonab:20171231082120j:plain

 

 

石の花を求め、石の庭を創る。

人には冷たい石だけれど、雨にも風にも負けたりしない。

棘のある荊を誘引しても傷一つ追わない。

 

私は石の王。

 

 

新しいアルジャーノンの庭はもうそこに。

 

2017年を振り返って


Jamie Cullum - Save Your Soul (Live At Abbey Road)

 

おはようございます。

 

f:id:algernonab:20171230074948j:plain

 

明日はファンサービス記事なので今日が実質最後のガーデニング記事となります。

画像が初夏からしかないのですが、全景の変遷を。上の写真は7月。

 

 

f:id:algernonab:20171230075139j:plain

 

9月上旬

 

今年あった庭の大きな出来事はやはり庭を掘って開拓した事でしょうね。

次はイングリッシュローズを買った事。

今までブランドらしいブランド苗を買ったことが(ワーナーがありましたね。)なかったので私なりに進歩でした。

 

f:id:algernonab:20171230075433j:plain

 

9月下旬

 

心の中では、植物をうまく育てようと言うガーデニングから、綺麗な庭を作ろうと言う庭づくりに変化した一年でもありました。

昨日大掃除で高圧洗浄機を出してきてブロック塀の黒ずみを落としました。

来年はもう一つ庭を改造する計画です。

 

f:id:algernonab:20171230075744j:plain

 

10月中旬

 

仕事面でも大きな出来事がありました。詳しくは書かないけれど、会社のためとやっていても認められない時は全く認められず、自己満足なのだと言う事もわかりました。ある程度うまくやらなければいけないのです。

良いこともありました。16年かけて初めてあった事。これも恥ずかしいから書かないけどね。

 

f:id:algernonab:20171230080144j:plain

 

 

今日

 

個人的な変化は40歳を前にして、あんまりこだわり過ぎない事を思うようになりました。

こだわりって良いことのように書かれることが多くっていいイメージだけど、固執する事が何に置いても良いとは限らないと思います。熟練の職人さんでも頭を柔らかくしてなんでも取り入れることで新しいものを生み出せるんじゃないかと思うからです。

 

その流れからか私はひねくれ者のうちではありますが、少々素直になったと思います。40のおっさんがこんな事を書くのは恥ずかしいですが、そういう人だけに今こうなれたのは非常に奇跡的な出来事だと思うのです。

 

私は収支色々あっけたけれど、今年は幸せな一年でした。

楽しい時も悲しい時もそこに庭があって私を支えてくれたからだと思います。

 

ありがとう。

 

 

新しいアルジャーノンの庭が始まるまであと1日。

 

 

 

 

ギボウシタマノカンザシ

 


Alanis Morissette - You Learn (OFFICIAL VIDEO)

 

おはようございます。

今年のうちに書いておこう記事その2

 

夏の終わりにタマノカンザシというギボウシを買いました。

f:id:algernonab:20171229065605j:plain

 

 

葉っぱは地味な緑色のスプーン型。

f:id:algernonab:20171229065727j:plain

 

花はギボウシのレベルを超える大きさ。

百合のようです。

 

f:id:algernonab:20171229065806j:plain

 

タマノカンザシなどと言うと、日本のギボウシの様ですが、原産は中国なのだそうです。

昼に買って車の中に入れておいて夕方講習が終わって車に乗るとすごく強い香りに包まれていて驚きました。

外だとさほどに感じないのに。

なかなかいい植物でした。庭植えできてないけれど。

 

 

 

ビジネスでひと旗あげようと夢見る女性は応援したくなるものです。

これはスケベ心ではなく、私が男性であり日本の社会において男性はただ男性であるだけで知らないうちに大きな恩恵を受けているからです。

 

結婚や出産が普通に行われれば30歳手前という仕事に慣れた段階で女性は一旦仕事から離れる必要があるため、企業側が主戦力として受け入れづらい事や、夢を追いかけたくても諦めざるを得ないような社会性がどうしても在るものです。

 

つまりそれが無い男はそれが無いだけ有利なのです。

もっと言い換えればたまたまそう言うのが無いから、役割的に外に出て働くしか無いのです。

男性諸君、俺が稼いでやってるんだとか思って専業主婦をバカにしていたら、「お前が働くしか能がないから働かせてやってんだ」と思われてしまいますよー。

 

なのでアゲインストで頑張る女性は応援したいのです。

 

 

しかしながら。

女性の独立開業者やビジネスマンに多い点として、最初から理想を振りかざしすぎる所があるなと私は思います。

もちろん女性の能力が劣っているからとかではありません。

私の同期の男どもは本当に使えない社会人ばかりになりましたが女子は結構良いビジネスマンになりました。同い年なら男より女の方がしゃんとしている。

 

これは心と頭の構造の違いかなと思います。

全員ではないですが、形から入ろうとする方が多いように思います。

それはつまり夢を外から見た姿、理想形を目指していく。

趣味の世界であればそこは何一つ曲げてはいけません。誰がなんと言おうと思う様自分の理想を追求しましょう。

 

しかしビジネスは。

まず最初にその業界で自分の位置を勝ち取る必要があるのです。

難しく書きました。わかりやすく言うと「食っていけるようになる」必要があるのです。

どの商売でも食っていける分稼ぐ事、店を運営できる事、社員を食わせられる事、数年後の改装または、新たなビジネス展開の資金を貯めること。

そう言う基盤ありきでの理想なのです。

 

もちろんこれがわからない愚か者と言いたいのではなくて、優先順位がこれより理想に置いている、またはこれが一番だけど、かなり近い二番に理想を置いている。

と私は思います。

 

食っていけるようになるためにははっきり言って理想とは程遠いような、くだらないアホみたいに見えることをクソ真面目にこなさなければいけない事があります。

もうそれが大部分を占めてこんなのやりたかった事じゃないと思う事が多々あるでしょう。

でも私は成功したビジネスマンのインタビューなんてほぼほぼそう言うことをし続けて成功したらヒョコッと夢を持ち出して美談にしてると思います。

あんまりこだわらずにトイレ掃除くらいで臨むのがいいです。絶対に必要だけれど誰からも気づかれない汚れ仕事。これがビジネスです。

 

書いてて思ったけど、これって新卒の男にも言えることよね。

なんて偉そうな事は言えないけどね。私も。

 

今年中に言わないととなぜか思った事でした。もう新しいアルジャーノンの庭ではふれることはない。

冬が終わるまであと61日。なげー(笑)